芸能人・経営者のおくやみ情報

アルフレート・ヴェルナーAlfred Werner

化学者[スイス]

1919年 11月15日 死去享年54歳

アルフレート・ヴェルナー - ウィキペディアより引用

『アルフレッド・ウェルナー』より : アルフレート・ヴェルナー(Alfred Werner, 1866年12月12日 – 1919年11月15日)はスイスの化学者。
遷移元素錯体の八面体形の構造を提唱し、1913年にノーベル化学賞を受賞した。
錯体化学の創始者。
無機化学の分野では最初のノーベル化学賞であり、1973年までは唯一だった。
生涯 アルザスのミュルーズで生まれる(当時はフランスに属していたが、1871年にドイツに併合された)。
化学を学ぶためスイスのチューリッヒ工科大学に進学し、1890年に博士号を取得。
パリで研究生活を送った後、1892年にチューリッヒ大学に戻り教授となった。
1895年、スイス市民権を得た。
1919年死去。
業績 配位化学 1893年、ヴェルナーは錯イオンを含む配位化合物の正しい構造を提唱した最初の人物となった。
それは、中心に遷移金属原子があり、その周りに中性または陰イオンの配位子があるという構造である。
例えばコバルトは CoCl3•6NH3 という化学式で表される錯体を形成するが、ドットで表されている部分の関係は謎だった。