芸能人・経営者のおくやみ情報

平良とみ 氏(たいらとみ)

女優[日本]

2015年 12月6日 死去呼吸不全享年88歳

平良 とみ(たいら とみ、1928年11月5日 - 2015年12月6日)は、日本の女優。
本名、平良 とみ子(たいら とみこ)。
旧姓:比嘉。
愛称は、おばぁ。
沖縄県那覇市松山町出身。
ACO沖縄所属。
平良トミ名義を使用していたこともあった。
幼少期を石垣島で過ごし、1942年、13歳のときに八重山にて「翁長座」に入団後、数々の舞台で芝居をこなす。
1999年公開の映画『ナビィの恋』で、おばぁ(ナビィ)役で主演し、一躍有名に。
そして、2001年放送のNHK連続テレビ小説『ちゅらさん』では、ヒロイン・古波蔵恵里(国仲涼子)の祖母・「おばぁ」役を演じ、大ブレイク。
「おばぁ」は沖縄では祖母を指す一般的な愛称(愛称なので見ず知らずの他人に使うと、あまりいい顔をされない。
通常は「ハーメー(おばあさん)」と呼んだ方が良い)だが、この2作品での「おばぁ」役で有名になったことから、愛称となった。
地元・沖縄県では演劇、一人芝居の公演に数多く出演した。
2015年12月6日午前4時27分、敗血症による呼吸不全のため那覇市内の病院で死去。

日本の女優、沖縄芝居役者。1928年11月5日、沖縄県那覇市生まれ。本名・平良トミ子。幼少期は石垣島で過ごし、13歳の時に翁長小次郎一座に入団。その後「ときわ座」などを経て、82年に夫の俳優・平良進と「劇団綾船」を結成した。沖縄芝居を中心とし舞台などで活躍し、99年、沖縄を舞台とした映画「ナビィの恋」(中江裕司監督)に出演して注目された。2001年のNHK連続テレビ小説「ちゅらさん」で「おばぁ」役を演じ、全国的な人気を得る。その他、02年「ホテル・ハイビスカス」(中江裕司監督)、06年「涙そうそう」(土井裕泰監督)などの映画や、「トリックTRICK」(テレビ朝日系列)、「ちゅらさん」シリーズなどテレビドラマでも名脇役として活躍した。沖縄県指定無形文化財「琉球歌劇」保持者。14年、旭日双光章を受章。15年12月6日、敗血症による呼吸不全のため死去。享年87。 (2015-12-8) (引用元 コトバンク)

「平良とみ」と関連する人物(故人)