芸能人・経営者のおくやみ情報

堀内敬三 氏(ほりうちけいぞう)

作曲家作詞家、音楽評論家[日本]

(別名義・安谷鎮雄)

1983年 10月12日 死去肺炎享年87歳

堀内敬三 - ウィキペディアより引用

堀内 敬三(ほりうち けいぞう、1897年(明治30年)12月6日 - 1983年(昭和58年)10月12日) は、日本の作曲家、作詞家、訳詞家、音楽評論家。
「あやしいぞ」をもじった安谷 鎮雄という筆名もある。
人物・来歴 「浅田飴」オーナーの堀内伊太郎の三男として東京市神田区鍛冶町7番地で生まれる(ただし浅田飴本舗の相続権は34歳、日本大学芸術学部講師になった年に放棄)。
東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)を経て、1915年(大正4年)、東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業。
小学校と中学校を通じて、言文一致唱歌の提唱者田村虎蔵に音楽を習う。
同校在学中、1912年(明治45/大正元年)頃から親類の東京帝大生二見孝平の音楽的影響を受け、大沼哲にピアノや和声学を学ぶ。
第二高等学校(現・東北大学)の受験に失敗して浪人生活を送っていたとき、1916年(大正5年)、小林愛雄、大田黒元雄、野村光一、菅原明朗たちと共に岩波書店から日本最初の音楽批評誌『音楽と文学』を創刊。

昭和期の音楽評論家。東京生まれ。 ミシガン大、マサチューセッツ工科大で学び、帰国後、NHKで洋楽を担当。日大教授、音楽之友社社長などを経て、戦後はNHKラジオ『話の泉』のレギュラーなどで親しまれた。1950年放送文化賞、1959年に紫綬褒章、1978年に勲三等瑞宝を受ける。 1965〜71年(昭和40‐46)日本音楽著作権協会会長。著作多数。訳書や訳詞でも秀れた仕事をしている。     (引用元 Hatena Keyword)