訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

カトリーヌ・ド・メディシスCatherine de Médicis

フランス王アンリ2世の王妃[イタリア→フランス]

1589年 1月5日 死去享年71歳

カトリーヌ・ド・メディシス - ウィキペディアより引用
カトリーヌ・ド・メディシス(フランス語: Catherine de Médicis、1519年4月13日 - 1589年1月5日)は、フランス王アンリ2世の王妃。
フランス王フランソワ2世、シャルル9世、アンリ3世の母后。
1519年、イタリアのフィレンツェでウルビーノ公ロレンツォ2世・デ・メディチ(ロレンツォ・デ・メディチの孫)と、オーヴェルニュ伯ジャン3世の娘マドレーヌの間に生まれた。
イタリア語名はカテリーナ・ディ・ロレンツォ・デ・メディチ(イタリア語: Caterina di Lorenzo de' Medici)。
彼女を出産後に母が亡くなり、間もなく父も亡くして孤児となる。
1533年、ローマ教皇クレメンス7世とフランス王フランソワ1世の間で縁組交渉がまとまり、フランスの第2王子オルレアン公アンリ・ド・ヴァロワ(後のアンリ2世)と結婚する。
10人の子を産むが、アンリ2世の寵愛は愛妾ディアーヌ・ド・ポワチエに独占されていた。
1559年に馬上槍試合での事故でアンリ2世が死去し、長男フランソワ2世の短い治世の後に幼いシャルル9世が即位すると摂政として政治を担うことになる。