訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

トーマス・カーライルThomas Carlyle

歴史家、評論家[イギリス]

1881年 2月5日 死去享年87歳

トーマス・カーライル - ウィキペディアより引用
トーマス・カーライル(Thomas Carlyle、 1795年12月4日 - 1881年2月5日)は、19世紀イギリス(大英帝国)の歴史家・評論家で、スコットランド出身。
スコットランドのダンフリーズ・アンド・ガロウェイ(Ecclefechan)出身。
大英帝国(ヴィクトリア朝)時代を代表する言論人であった。
代表作に、『英雄崇拝論』、『フランス革命史』、『オリバー・クロムウェル』、『衣装哲学』、『過去と現在』などがある。
ドイツ文学を研究したことでも著名で、ゲーテとの往復書簡がある。
〈全集 The works of Thomas Carlyle〉は30巻に達している。
1865年、エディンバラ大学の学長に任命された(1865年-1868年)。
近代日本への影響 著作は明治以来多数、日本語訳されて来たが、今日では復刊以外での新本購入は困難である。
『英雄崇拝論』に代表されるように、「世界の歴史は英雄によって作られる」と主張したことで知られるが、彼の言う「英雄」とは歴史に影響を与えた神、預言者、詩人、僧侶、文人、帝王などを指す。

「トーマス・カーライル」と関連する人物(故人)