芸能人・経営者のおくやみ情報

トーマス・カーライルThomas Carlyle

歴史家、評論家[イギリス]

1881年 2月5日 死去享年87歳

トーマス・カーライル - ウィキペディアより引用

トーマス・カーライル(Thomas Carlyle、 1795年12月4日 - 1881年2月5日)は、19世紀イギリス(大英帝国)の歴史家・評論家で、スコットランド出身。
スコットランドのダンフリーズ・アンド・ガロウェイ(Ecclefechan)出身。
大英帝国(ヴィクトリア朝)時代を代表する言論人であった。
代表作に、『英雄崇拝論』、『フランス革命史』、『オリバー・クロムウェル』、『衣装哲学』、『過去と現在』などがある。
ドイツ文学を研究したことでも著名で、ゲーテとの往復書簡がある。
〈全集 The works of Thomas Carlyle〉は30巻に達している。
1865年、エディンバラ大学の学長に任命された(1865年-1868年)。
近代日本への影響 著作は明治以来多数、日本語訳されて来たが、今日では復刊以外での新本購入は困難である。
『英雄崇拝論』に代表されるように、「世界の歴史は英雄によって作られる」と主張したことで知られるが、彼の言う「英雄」とは歴史に影響を与えた神、預言者、詩人、僧侶、文人、帝王などを指す。

  • 題名
    英雄崇拝論 (1949年) (岩波文庫)
    著者
    トーマス・カーライル
    発売元
    岩波書店
    発売日
    1949
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 1,407 より
  • 題名
    カーライル選集〈第1〉衣服の哲学 (1962年)
    著者
    トーマス・カーライル
    発売元
    日本教文社
    発売日
    1962
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 3,046 より
  • 題名
    英雄論
    著者
    トーマス・カーライル
    発売元
    岡崎屋
    発売日
    1909
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • 題名
    英雄崇拝論
    著者
    トーマス・カーライル
    発売元
    警醒社
    発売日
    1900
    新品価格
    より
    中古商品
    より

(Thomas Carlyle 1795〜1881) イギリスの作家、評論家。代表作に『衣装哲学』、『フランス革命史』、『英雄と英雄崇拝』などがある。ドイツ文学に造詣が深く、ゲーテの『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』を1824年に部分訳している。自伝的な要素を含む『衣装哲学』は19世紀イギリス批評を代表する作品として一定の評価を確立している。 歴史書として度々言及される『フランス革命史』であるが、当時の歴史学においては、同じく1795年生まれのランケのような厳密な史料批判と客観的科学の実証主義が隆盛を誇っていた。ために、ドイツやフランスの歴史家に比べて、カーライルのものは非科学的として一級の扱いを受けてはいない。 明治・大正期には、夏目漱石や北村透谷、内村鑑三のような日本の知識人にもよく読まれた。 (引用元 Hatena Keyword)