芸能人・経営者のおくやみ情報

テオドール・モムゼンTheodor Mommsen

歴史学者法学者政治家[ドイツ]

1903年 11月1日 死去享年87歳

テオドール・モムゼン - ウィキペディアより引用
テオドール・モムゼン(Theodor Mommsen、1817年11月30日 - 1903年11月1日)は、ドイツの歴史家、法学者、政治家。
19世紀を代表する知識人で、古代ローマ史を専門とし、ローマ帝国史の編纂などの仕事がある。
エドワード・ギボン『ローマ帝国衰亡史』が、18世紀イギリスの歴史文学の名作として命脈を保っているのに対し、モムゼンの業績(殊にその『ローマ史』)は、文学的価値に加え、現代においてもなお近代歴史学の定礎を成した古典としての学術的価値を保っている。
シュレスウィヒ(当時デンマーク領)生まれ。
キールで法律を学んだ。
ライプツィヒ大学、チューリッヒ大学、ブレスラウ大学の教授を経て1861年、ベルリン大学教授に就任(マックス・ヴェーバーもモムゼンの教えを受けている)。
1902年、歴史家として文筆によりノーベル文学賞(第2回)を受賞。
著作 『ローマ史』 『ローマ公法』(Römisches Staatsrecht) 日本語訳 『モムゼン ローマの歴史』(全4巻、長谷川博隆訳、名古屋大学出版会、2005年-2008年)、日本翻訳文化賞を受賞 旧版は『ノーベル賞文学全集』(主婦の友社、1978年)に、断片的な訳文を収録(長谷川博隆訳)。