芸能人・経営者のおくやみ情報

金泳三 氏(キム・ヨンサム)

政治家大統領[韓国]

2015年 11月22日 死去享年89歳

金泳三 - ウィキペディアより引用

金 泳三(キム・ヨンサム、朝鮮語、김영삼、1927年12月20日 - 2015年11月22日)は、大韓民国の政治家。
元大統領(在任1993年 - 1998年)。
本貫は金寧金氏。
号は「巨山」(コサン、거산)。
略称はYS。
実家は網元。
日本統治時代における創氏改名時の日本名(1945年まで)は金村康右(かねむら こうすけ)。
早稲田大学特命教授。
称号は名誉法学博士(早稲田大学)。
大統領になるまで 慶尚南道巨済島(現在の巨済市)出身。
ソウル大学哲学科卒業。
1952年に張沢相国務総理(当時)の秘書官に就いたのを経て、1954年第3代国会議員選挙で自由党候補として巨済にて立候補して、当時の最年少国会議員として当選、政界入りする。
後に、自分のもとを訪れた日本の大学生達に「反日の話を相当しないと、当選できないような時代だった」と述懐した事がある。
議員となって以後、長らくは野党の立場で活動し、軍事政権時代には『ニューヨーク・タイムズ』紙記者とのインタビュー記事等をめぐり国会議員除名(金泳三総裁議員職除名波動)となったり(1979年)、自宅軟禁を受けたりといった弾圧を受けたりもしたが、1970年代から1980年代にかけて金大中とともに代表的な野党政治家の一人であった。

キム・ヨンサム 大韓民国の政治家。元大統領(在任1993年 - 1998年)。 1927年12月20日、生まれ。2015年11月22日、死去。 日本名は「金村康右」。早稲田大学特命教授。称号は名誉法学博士(早稲田大学)。 「歴史立て直し事業」では、旧朝鮮総督府解体のほか、風水に基づく全国規模での鉄杭除去などを推進した。竹島問題や慰安婦問題に関する日本との約束事を破ったとされる。 (引用元 Hatena Keyword)

「金泳三」と関連する人物(故人)