訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ジョージ・スティグラー 氏

経済学者[アメリカ]

1991年 12月1日 死去享年81歳

ジョージ・ジョセフ・スティグラー(George Joseph Stigler、1911年1月17日 - 1991年12月1日)は、アメリカ合衆国の経済学者。
1982年にノーベル経済学賞を受賞した。
1911年 ワシントン州シアトルで生まれる。
1931年 ワシントン大学を卒業する(BA)。
1932年 ノースウェスタン大学で経営学を学びMBAをとる(ノースヴェスタン大学時代に経済学に興味を持つ)。
1933年 シカゴ大学に入りフランク・ナイトの指導を受ける。
1936年 - 1938年 アイオワ州立カレッジで教え始める。
1938年 シカゴ大学から博士号(Ph.D.)を取得する。
第2次世界大戦時、コロンビア大学でほとんどマンハッタン計画に参加し、数学および統計学関係の調査を行う。
1年間、ブラウン大学で過ごす。
1947年 - 1958年 コロンビア大学の教授を務める。
1959年 シカゴ大学に戻る。
1964年 アメリカ経済学会会長を務める。
1976年 - 1978年 モンペルラン・ソサエティーの会長を務める(スティグラーは1947年の同協会の設立に携わっていた)。