芸能人・経営者のおくやみ情報

スレイマン1世Kanuni Sultan Süleyman I

オスマン帝国第10代皇帝[オスマン帝国]

(ユリウス暦) 1566年 9月6日 死去享年73歳

スレイマン1世 - ウィキペディアより引用

スレイマン1世(Kanuni Sultan Süleyman I, ota: سلطان سليمان اول‎‎‎, ラテン文字転写: Sultān Suleimān-i evvel, トルコ語: I. Süleyman、 1494年11月6日 - 1566年9月6日)は、オスマン帝国の第10代皇帝(在位:1520年 - 1566年)。
9代皇帝セリム1世の子。
46年の長期にわたる在位の中で13回もの対外遠征を行い、数多くの軍事的成功を収めてオスマン帝国を最盛期に導いた。
英語では「壮麗帝(the Magnificent)」のあだ名で呼ばれ、日本ではしばしばスレイマン大帝と称される。
トルコでは法典を編纂し帝国の制度を整備したことから「立法帝(カーヌーニー、 ota: القانونى‎, ラテン文字転写: al‐Qānūnī, トルコ語: Kanuni)」のあだ名で知られている。
名前のスレイマン(Süleyman)とは、ユダヤ教やキリスト教と共にイスラム教でも聖典とされる旧約聖書に記録された古代イスラエルの王、「ソロモン王」のアラビア語形である「スライマーン」(アラビア語: سليمان‎, Sulaymān)のトルコ語発音である。

スレイマンいっせいSüleymanI [生]1494.11./1495.4.4.トラブゾン[没]1566.9.5/6.シゲトバールオスマン帝国第10代スルタン(在位1520~66)。セリム1世の子。母はクリム・ハンの息女ハフサ。父の在位中は小アジア西部のサンジャク・ベイ職にあった。スレイマンの治世中,帝国は絶頂期を迎え,東はイラン国境,西はウィーン近くまで領土を拡大し,北アフリカのアルジェリア,南アラビアのイエメンを含む大帝国となった。彼はウィーン包囲(29)を含めて,前後13回に及ぶ親征を企て,モハーチの戦い(26)でハンガリーを征服し,プレベザの海戦(38)で地中海の制海権を握った。国内では戦利品の流入で商工業が発達したが,1535年フランスにカピチュレーション(通商特権)を与え,将来に災いの種をまいた。カーヌーニー(立法者)と呼ばれたように大法典を集大成し,諸般の制度,機構を整備した。 (引用元 コトバンク)

「スレイマン1世」と関連する人物(故人)