芸能人・経営者のおくやみ情報

マック・セネット 氏Mack Sennett

映画監督、映画プロデューサー脚本家俳優[アメリカ]

1960年 11月5日 死去享年81歳

マック・セネット - ウィキペディアより引用
マック・セネット(Mack Sennett, 1880年1月17日 - 1960年11月5日)は、アメリカ合衆国の映画プロデューサー、映画監督、脚本家、俳優である。
生涯に700本以上をプロデュースし、350本以上に出演し、300本以上を監督し、100本近い脚本を書いた。
チャールズ・チャップリンを初めて映画に出したプロデューサーであり、「喜劇王」として知られる。
人物・来歴 1880年1月17日、カナダのケベック州リッチモンドにアイルランド移民の子として生まれる。
家族とともにアメリカに移住した17歳のころから、コネチカット州の製鉄所に勤めていたが、1902年、ニューヨークに出て、舞台に職を求めた。
1908年にはアメリカン・ミュートスコープ・アンド・バイオグラフのサイレントの短篇映画に初めて出演する。
デビュー作では、当時俳優でのちの映画監督のD・W・グリフィスと共演している。
グリフィスはやがて監督になり、セネットはメーベル・ノーマンドやメアリー・ピックフォードと共演することになる。