訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

松浦輝夫 氏(まつうらてるお)

登山家[日本]

2015年 11月6日 死去白血病と肺炎享年82歳

松浦 輝夫(まつうら てるお、1934年 - 2015年11月6日)は、日本の登山家。
1970年に、植村直己とともに、日本人として初めてエベレストの登頂に成功したことで知られる。
大阪市出身。
高校時代はラグビー選手だったが、本格的な登山を志して早稲田大学教育学部に進学した。
1957年、早稲田大学卒業。
1965年、ヒマラヤのローツェ・シャール峰に挑んだ早稲田大学隊に参加し、松浦は当時の日本人最高到達高度を記録したものの、隊は遭難者を出して登頂を断念した。
1970年、日本山岳会エベレスト登山隊に参加し、東南稜ルートのリーダーを務め、5月11日に植村直己とともに、日本人初のエベレスト登頂に成功した。
これに対して秩父宮記念賞を受けた。
植村は、エベレストの頂上に達する直前で、先輩である松浦に道を譲り、松浦を先に頂上に立たせたとされる。
当時の新聞報道は、「タフで子ぼんのう」な「まじめ男」と松浦を評した。
1981年、早稲田大学K2登山隊の隊長を務め、2隊員の西稜ルートからの初登頂を成功させた。
題名
おせりの滝の民話
著者
松浦治
発売元
美郷町
発売日
2008-03
新品価格
より
中古商品
より

↑ PAGE TOP