芸能人・経営者のおくやみ情報

高田浩吉 氏(たかだこうきち)

俳優歌手[日本]

1998年 5月19日 死去肺炎享年88歳

高田浩吉 - ウィキペディアより引用

高田 浩吉(たかだ こうきち、本名・梶浦 武一(かじうら たけいち)、1911年11月7日 - 1998年5月19日)は、『歌う映画スター』第1号といわれる日本の俳優、歌手。
松竹を代表する時代劇スター。
女優の高田美和は次女。
俳優の大浦龍宇一は孫。
来歴・人物 兵庫県尼崎市出身。
1926年に松竹京都撮影所に入社。
長谷川一夫、坂東好太郎とともに「松竹下加茂三羽烏」と呼ばれる。
トーキー映画時代に入ると、生来の関西弁を標準語に矯正する為、撮影所の江戸小唄研究会というサークルに参加、小唄のレッスンで鍛え上げたその美声を大曾根辰夫監督に買われて、1935年に「大江戸出世小唄」でポリドール・レコードから歌手デビュー。
大曾根監督の同名の映画の中でこの歌を歌った事から「歌う映画スター」第1号として映画、主題歌共に評判になった。
なお本作は当時封切られたばかりのルネ・クレールのフランス映画「巴里の屋根の下」で映画も主題歌もそれぞれ大ヒットしたのにヒントを得た大曾根監督が日本初のミュージカル映画として製作したといわれる。

たかだ-こうきち 1911-1998昭和-平成時代の俳優。明治44年11月7日生まれ。松竹にはいり,大正15年「照る日くもる日」で映画デビュー。昭和10年主演の「大江戸出世小唄」で主題歌をうたい人気を得,歌う映画スター第1号となった。戦後一時低迷したが「伝七捕物帖」シリーズで人気復活。37年以降は舞台を中心に活動をつづけた。平成10年5月19日死去。86歳。兵庫県出身。大阪商業中退。本名は梶浦武一。 (引用元 コトバンク)