芸能人・経営者のおくやみ情報

アンソニー・パーキンス 氏Anthony Perkins

俳優[アメリカ]

1992年 9月12日 死去エイズ享年61歳

アンソニー・パーキンス - ウィキペディアより引用
アンソニー・パーキンス(Anthony Perkins, 1932年4月4日 - 1992年9月12日)はアメリカ合衆国ニューヨーク出身の俳優。
左利き。
プロフィール 父親が舞台俳優だったが、彼が5歳の時に亡くなっている。
若いころから俳優を志し、舞台に出演。
映画デビューは1953年の『女優』。
しばらく芽が出なかったが、コロンビア大学卒業後の1956年、ウィリアム・ワイラー監督のカンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作品『友情ある説得』でアカデミー助演男優賞にノミネートされた。
その後、1957年の『ロンリー・マン』、続く1958年の『胸に輝く星』、『海の壁』、1959年『渚にて』などに出演、1960年代を代表する青春スターとして人気を博した。
1959年の『緑の館』ではオードリー・ヘプバーンと共演、自ら歌う場面もあり美声を披露、1960年の『のっぽ物語』ではジェーン・フォンダと共演している。
歌手としては『月影の渚』というレコードを出している。
1960年にアルフレッド・ヒッチコック監督の『サイコ』に主演のノーマン・ベイツ役で出演し強烈な印象を残した。