訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ジュリアン・デュヴィヴィエ 氏Julien Duvivier

映画監督脚本家俳優[フランス]

1967年 10月30日 死去交通事故享年72歳

ジュリアン・デュヴィヴィエ(Julien Duvivier, 1896年10月3日 - 1967年10月30日)は、フランスの映画監督、脚本家、俳優である。
人物・来歴 1896年10月3日、ノール県リールに生まれる。
パリで舞台俳優として活躍していたが、舞台助監督から舞台監督となり、1919年に映画監督としてデビュー。
しばらくヒットに恵まれなかったが、1930年代から数々の名作を作り上げた。
彼は古典フランス映画のビッグ5の1人である。
他の4人は、ジャック・フェデー、ジャン・ルノワール、ルネ・クレール、マルセル・カルネである。
第二次世界大戦中は、アメリカ合衆国に亡命。
しかし、あまりハリウッドとは水に合わず、戦後再びフランスに戻り作品を撮り続けた。
日本では彼の作品が戦前から異常なほど人気があり、映画史研究家ジョルジュ・サドゥールによれば、「この監督は、東洋の一小国だけにおいて、熱烈な観客がいる」と言わしめているほどであった。

「ジュリアン・デュヴィヴィエ」と関連する人物(故人)