芸能人・経営者のおくやみ情報

リチャード・ブルックス 氏

映画監督脚本家、映画プロデューサー[アメリカ]

1992年 3月11日 死去享年81歳

リチャード・ブルックス - ウィキペディアより引用
リチャード・ブルックス(Richard Brooks, 1912年5月18日 - 1992年3月11日)はアメリカ合衆国の映画監督、脚本家、映画製作者。
本名ルービーン・サクス(Ruben Sax)として、フィラデルフィアのロシア系ユダヤ移民の家庭に生まれる。
ウェストフィラデルフィア高校からテンプル大学を卒業。
『真昼の暴動』(1947年)や『キー・ラーゴ』(1948年)の脚本を書き、ユダヤ人問題を扱った『十字砲火』(1947年)では原作を提供。
1950年の『危機の男』から監督に転じ、1955年の『暴力教室』によって監督としての評価を確立。
その後、ドストエフスキー原作の『カラマゾフの兄弟』(1958年)やテネシー・ウィリアムズ原作の『熱いトタン屋根の猫』(1958年)やトルーマン・カポーティ原作の『冷血』(1967年) やジュディス・ロスナー原作の『ミスター・グッドバーを探して』(1977年)など、多くの文芸作品を手がけた。