芸能人・経営者のおくやみ情報

藤原定子(ふじわらのていし)

一条天皇皇后[日本]

(長保2年12月16日崩御)

(ユリウス暦) 1001年 1月13日 死去享年25歳

藤原定子 - ウィキペディアより引用
藤原 定子(ふじわら の ていし/さだこ、貞元2年(977年) - 長保2年12月16日(1001年1月13日))は、平安時代、第66代一条天皇の皇后(号は中宮、のち皇后宮)。
脩子内親王・敦康親王・媄子内親王の生母。
通称は一条院皇后宮。
『枕草子』の作者清少納言が仕えた女性である。
系譜 関白内大臣正二位藤原道隆の長女、母は式部大輔高階成忠の女・正三位貴子。
正二位内大臣伊周、正二位中納言隆家は同母兄弟。
生涯 永祚元年(989年)父方の祖父である摂政兼家の腰結いで着裳、その時はじめて歴史の表舞台に登場する。
正暦元年(990年)1月25日、数え14歳の春に、3歳年下の一条天皇に入内し、まもなく従四位下に叙せられ、ついで女御となる。
局は登華殿(一説に梅壺、または両方とも)。
同年10月5日、皇后に冊立され「中宮」を号した。
なお、定子は一条天皇の皇后として「中宮」を号したのであり、立后の詔にも「皇后」と明記された。
正暦元年当時、律令が定める「三后」のうち、太皇太后は3代前の帝の正妻・昌子内親王、皇太后は当帝の生母・藤原詮子、中宮は先々代の帝の正妻・藤原遵子で全て占められていた。