芸能人・経営者のおくやみ情報

マーヴィン・ルロイ 氏

映画監督、映画プロデューサー[アメリカ]

1987年 9月13日 死去アルツハイマー病享年88歳

マーヴィン・ルロイ - ウィキペディアより引用

マービン・ルロイ(Mervyn LeRoy, 1900年10月15日 - 1987年9月13日)は、アメリカ合衆国の映画監督・映画プロデューサー。
カリフォルニア州サンフランシスコ出身。
両親はユダヤ人。
生涯・経歴 1906年のサンフランシスコでおきた大地震に遭遇し、彼と父親は生き残ったがすべてを失ってしまう。
生活のために新聞売りをしたり、タレント・コンテストに出場したり、12歳の時にはすでにヴォードヴィルに出演し、コンビ「ルロイ&クーパー」を結成。
歌と物真似を得意とした。
その後、仕事を求めてハリウッドに行き、ブロンコ・ビリー・アンダーソン主演の西部劇に端役として出演。
映画プロデューサーだった従兄弟のジェシー・L・ラスキーのを頼ってフェイマス・プレイヤーズ・ラスキー・スタジオ(のちのパラマウント映画)に入社。
撮影所の衣装部の助手、サイレント映画のエキストラ、カメラマンのアシスタントなどの仕事を経て、俳優としても出演を続け、その後、ファースト・ナショナル社(のちにワーナー・ブラザーズに買収)に移籍すると、コメディ映画の脚本家として多くのコメディの執筆を手掛ける。