芸能人・経営者のおくやみ情報

土門拳 氏(どもんけん)

写真家[日本]

1990年 9月15日 死去心不全享年82歳

土門拳 - ウィキペディアより引用

土門 拳(どもん けん、1909年(明治42年)10月25日 - 1990年(平成2年)9月15日)は昭和時代に活躍した日本の写真家である。
リアリズムに立脚する報道写真、日本の著名人や庶民などのポートレートやスナップ写真、寺院、仏像などの伝統文化財を撮影し、第二次世界大戦後の日本を代表する写真家の一人とされる。
また、日本の写真界で屈指の名文家としても知られた。
年譜 1909年10月25日 - 山形県飽海郡酒田町(現・酒田市相生町)に父熊造、母とみえの長男として誕生。
1916年 - 一家で東京へ移住。
1917年 - 麻布区飯倉小学校に入学。
1918年 - 一家で横浜市磯子区へ移転、磯子小学校へ編入。
1921年 - 一家で同市の神奈川区へ移転、二ッ谷小学校へ編入。
絵画を描きはじめる。
1926年 - 土門が描いた十五号の薔薇の油彩が横浜美術展覧会で入選。
審査員は安井曾太郎。
1927年 - 考古学に興味を持ち、学校の周囲で土器や石器掘りに熱中する。
1928年 - 旧制神奈川県立第二中学校(現・神奈川県立横浜翠嵐高等学校)卒業。

写真家。リアリズム写真を確立した巨匠。 1909年(明治43年)10月25日、山形県酒田市に生まれる。 24歳の時に初めてカメラを持ち、写真撮影を始める。 そして、「筑豊のこどもたち」「古寺巡礼」など数々の傑作を世に送りだす。 1979年に3度目の脳出血に倒れ、意識不明のまま11年後の1990年9月15日に、80歳で亡くなった。 関連語  (引用元 Hatena Keyword)