芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョルジュ・ビゼー

作曲家[フランス]

1875年 6月3日 死去敗血症享年38歳

ジョルジュ・ビゼー - ウィキペディアより引用

ジョルジュ・ビゼー(Georges Bizet, 1838年10月25日 - 1875年6月3日)は、19世紀フランスの作曲家である。
代表作に『カルメン』、『アルルの女』、『真珠採り』、『小さな木の実』など。
生涯 ジョルジュ・ビゼーは1838年、パリに生まれた。
最初につけられた名前はアレクサンドル=セザール=レオポール・ビゼー (Alexandre-César-Léopold Bizet) だったが、洗礼時に改名された。
父は声楽教師、母はピアニストで、幼い頃から音楽に親しみ、記憶力が抜群であった。
9歳でパリ音楽院に入学し、フランソワ・マルモンテル、シャルル・グノー、ユダヤ人ジャック・アレヴィらに師事してピアノ、ソルフェージュ、オルガン、フーガで一等賞を獲得した。
19歳でカンタータ『クローヴィスとクロティルデ』でローマ大賞を獲得。
1861年にはリストの新作(リストは「この曲を正確に弾けるのは私とハンス・フォン・ビューローだけ」と豪語していた)のパッセージを一度聴いただけで演奏し、さらに楽譜を渡されると完璧に弾いてのけてリストを驚かせた。

Georges Bizet (1838-1875) フランスの作曲家、ビゼー。 1838年10月25日フランス・パリ生まれ、1875年6月3日、フランス・ブージバル没。 オペラに《ドン・プロコピオ?》《真珠とり?》《イワン八世?》《美しいパースの娘?》《カルメン》、 オペレッタに《ミラクル博士?》、舞台劇の付随音楽に《アルルの女》、組曲《ローマ》などがあるが、 もっとも有名な作品となった《カルメン》の上演を見届けず若くして死去した。 (引用元 Hatena Keyword)