訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

アントニ・ファン・レーウェンフック

商人、生物学者[オランダ]

1723年 8月26日 死去気管支肺炎享年92歳

アントニ・ファン・レーウェンフック - ウィキペディアより引用
アントーニ・ファン・レーウェンフック(レーベンフック、Antonie van Leeuwenhoek オランダ語発音: [ɑnˈtoːni vɑn ˈleːuə(n)ˌɦuk] (13px 聞く)、1632年10月24日 - 1723年8月26日)はオランダの商人、科学者。
歴史上はじめて顕微鏡を使って微生物を観察し、「微生物学の父」とも称せられる。
年譜 1632年10月24日 ネーデルラント連邦共和国デルフト東端、ライオン門の角(これがLeeuwenhoekの名の由来である)の家で、籠作り職人フィーリップス・アントーニスゾーン・ファン・レーウェンフック(Philips Antonyszoon van Leeuwenhoek)の子として生まれる。
1648年(16歳) 6年間はアムステルダムの織物商に奉公していた。
1654年(22歳) デルフトに戻って醸造家の娘Barbaraと結婚し、織物商を営んだ。
1660年(28歳) デルフトの役人(議会の管理官)としての職務を担う。
1666年(34歳) 妻Barbaraが亡くなる。

↑ PAGE TOP