芸能人・経営者のおくやみ情報

寺田ヒロオ 氏

漫画家、トキワ荘のメンバー[日本]

1992年 9月24日 死去心不全享年61歳

寺田 ヒロオ(てらだ ヒロオ、本名:寺田博雄、1931年8月4日 - 1992年9月24日)は、日本の漫画家。
新潟県西蒲原郡巻町(現:新潟市西蒲区)生まれ、新発田市出身。
男性。
新漫画党総裁。
愛称は「寺さん」「テラさん」。
伝説的な「トキワ荘」でのリーダー格で、特に藤子不二雄Ⓐの自伝的漫画『まんが道』で、頼もしくて理想的な先輩として描かれた。
妻は作曲家・中村八大の実妹。
父親は軍人で、5人兄弟の3男だった。
新潟県立新発田高等学校時代に野球部に所属する。
同時期に少年漫画雑誌『漫画少年』と出会い、漫画投稿を始める。
卒業後は知人の紹介で警察の事務職へ就職するが、電電公社(現:NTT)に転職。
社会人野球の投手としても活躍し、都市対抗野球大会にも出場した。
その後、井上一雄・福井英一の漫画『バットくん』に刺激され、1953年、22歳の時に漫画家になるために上京し、東京都豊島区のトキワ荘に入居する。
入居当初は、向かいの部屋に手塚治虫が暮らしていた。
トキワ荘に次々と入居してくる漫画家らと『新漫画党』を結成。
漫画誌に合作、競作を発表するなど、様々な活動をする。

漫画家。 1926〜1992 新潟県出身。漫画家になる以前は、電電公社時代都市対抗でピッチャーを務める。 トキワ荘の実質的なまとめ役。愛称、テラさん。 各種回想では随分大人に思えるが、藤子不二雄と3歳しか年は違わなかった。(ちなみに、手塚治虫も、テラさんより2歳年長であるのみである) また、中村八大は義兄にあたる。 「子供のためになる」のマンガにこだわり、どきつい漫画界に嫌気がさし、30年代半ばで少年漫画の筆を折り、以降、若くして、不遇の「晩年」を送る。 最晩年、雑誌「漫画少年」の書誌をまとめた「漫画少年史」を自費出版した。 (引用元 Hatena Keyword)