芸能人・経営者のおくやみ情報

永井陽之助 氏

東京工大名誉教授・国際政治学[日本]

2009年 12月30日 死去享年84歳

永井 陽之助(ながい ようのすけ、1924年9月9日 - 2008年12月30日)は、日本の政治学者。
学位は法学博士(北海道大学)、東京工業大学・青山学院大学名誉教授。
東京出身。
安積中学、1945年 第二高等学校文科乙類卒業、1950年 東京大学法学部政治学科卒業。
東京大学では堀豊彦に師事。
当初は政治意識の研究など、政治学・政治理論研究にその重点を置いていたが、ハーヴァード大学での在外研究中にキューバ危機という米ソ二大国間のパワー・ポリティクスを目の当たりにし、強い衝撃を受ける。
一方で、依然として日本国内ではそのような権力政治的要素を等閑視し、イデオロギーに規定される形で国際問題についての硬直化した議論が行なわれていることに不満を感じたことから、国際政治に関する研究・評論を開始、『中央公論』1965年5月号に発表した「米国の戦争観と毛沢東の挑戦」で論壇にデビューする。

ながい-ようのすけ 1924-2009昭和後期-平成時代の国際政治学者。大正13年9月9日生まれ。昭和35年北大教授となり,41年東京工業大教授,60年青山学院大教授。政治意識論から国際政治学に関心をうつし,現実主義の外交論を展開。非武装中立の平和論に反対し,非核・軽武装の論陣をはった。平成20年12月30日死去。84歳。東京出身。東大卒。著作に「平和の代償」「冷戦の起源」など。 (引用元 コトバンク)

「永井陽之助」と関連する人物(故人)