芸能人・経営者のおくやみ情報

大友柳太朗 氏(おおともりゅうたろう)

俳優[日本]

1985年 9月27日 死去自殺享年74歳

大友柳太朗 - ウィキペディアより引用

大犮 柳太朗(おおとも りゅうたろう、明治45年(1912年)6月5日 - 昭和60年(1985年)9月27日)は、山口県出身の俳優。
本名は中富 正三。
(正式な名義は「友」の右上に「丶」を付与した文字だが、一般表示が出来ない。
) 新国劇出身。
戦後の東映時代劇映画で数多く主演を務めた剣豪スター。
晩年はテレビの現代劇でも活躍した。
父親は山口県柱島(現岩国市)出身、母親は広島県能美島(現江田島市)の出身で、柳太朗は母親の実家に近い広島市中の棚(現在の同市中区立町付近)で生まれ、父親は出生届を柱島で出した。
生後間もなく柱島で育ち、小学校3年から5年までは山口県周防大島(現同県大島郡)で育った。
1935年(昭和10年)、松山中学(現・愛媛県立松山東高等学校)卒業後、大阪へ出て新国劇に入り、辰巳柳太郎に師事。
同じ松山中学出身の映画監督伊藤大輔から「大輔」の名を譲り受け、中富大輔の芸名で初舞台を踏む。
1936年(昭和11年)、新興キネマ京都撮影所に招かれ、山本周五郎原作の『青空浪士』の主演で華々しく映画界にデビュー。

おおとも-りゅうたろう 1912-1985昭和時代の俳優。明治45年6月5日生まれ。新国劇の俳優をへて昭和12年「青空浪士」で映画デビュー,時代劇の中堅スターとなる。戦後も東映の「丹下左膳」「右門捕物帖」「快傑黒頭巾」などのシリーズで人気をよんだ。晩年テレビドラマや映画「タンポポ」などで好演したが,昭和60年9月27日自殺。73歳。山口県出身。松山中学卒。本名は中富正三。 (引用元 コトバンク)