芸能人・経営者のおくやみ情報

花柳章太郎 氏

新派俳優[日本]

1965年 1月6日 死去心筋梗塞享年72歳

花柳章太郎 - ウィキペディアより引用

花柳 章太郎(はなやぎ しょうたろう、1894年(明治27年)5月24日 - 1965年(昭和40年)1月6日、本名:青山章太郎)は、戦前から戦後にかけて活躍した新派を代表する女形役者。
日本芸術院会員。
文化功労者。
人間国宝。
東京日本橋に生まれる。
1908年(明治41年)新派の喜多村緑郎の弟子となり、本郷座『雪子夫人』の酒屋の小僧で初舞台。
1913年(大正2年)には幹部に昇進する。
1915年(大正4年)、泉鏡花作『日本橋』の主役・お千世を勝ち取り、その美貌が話題となる。
これが出世作となって、一躍新派の人気女形となる。
しかし当時歌舞伎と新劇の間にあって退潮傾向にあった新派に焦燥感を覚えた花柳は、やがて「本流新派」からの独立をめざした試行錯誤を繰返すようになる。
まず1921年(大正10年)には小堀誠や初代英太郎らと新劇座を結成。
1927年(昭和2年)には本拠地を浅草の松竹座に移して松竹新劇団を結成した。
苦心の甲斐あって、1931年(昭和6年)に明治座で喜多村をはじめ伊井蓉峰や河合武雄らと共演した瀬戸英一作『二筋道 花柳巷談』が大成功、これが新派の復興をもたらした。

明治27年、東京日本橋生まれ。昭和40年歿。新派最後の女形。 (引用元 Hatena Keyword)