芸能人・経営者のおくやみ情報

河内桃子 氏

女優[日本]

1998年 11月5日 死去大腸がん享年67歳

河内桃子 - ウィキペディアより引用

河内 桃子(こうち ももこ、本名:久松 桃子、旧姓:大河内、1932年3月7日 - 1998年11月5日)は、日本の女優。
日本女子大学附属高等学校卒業。
東京府東京市(現在の東京都台東区谷中)出身。
血液型はO型。
俳優座所属。
女優としては久我美子と並ぶ名家出身で、祖父は理研グループ総帥で子爵であった大河内正敏、父は正敏の次男で画家であった大河内信敬。
夫は今治松平家末裔でテレビプロデューサーの久松定隆。
来歴・人物 高校卒業後、OLをしていたが、1953年、東宝ニューフェイス(6期生)として東宝に入社。
同期には宝田明、佐原健二、藤木悠と日活に移籍した岡田眞澄がいる。
入社した年の『女心はひと筋に』で初出演を果たす。
その後、出演5作目の『ゴジラ』のヒロイン・山根恵美子役に抜擢される。
このため世間では「特撮俳優」のイメージが強いが、東宝在籍時の特撮映画には『ゴジラ』、『獣人雪男』、『地球防衛軍』の3作にしか出演していない(その後の1980年代のゴジラリバイバルブームで他3作ほど出演してはいる。

こうち-ももこ 1932-1998昭和後期-平成時代の女優。昭和7年3月7日生まれ。昭和28年東宝に入社,「女心はひと筋に」でデビューし,翌年「ゴジラ」に出演。31年俳優座養成所にはいり,34年「十二夜」で初舞台,「ベニスの商人」「マクベス」などに出演。55年ピンター作「背信」で紀伊国屋演劇賞。テレビの「判決」「渡る世間は鬼ばかり」などにも出演。平成10年11月5日死去。66歳。東京出身。日本女子大付属高卒。本名は久松桃子。 (引用元 コトバンク)