芸能人・経営者のおくやみ情報

阿奈井文彦 氏

ノンフィクション作家エッセイスト[日本]

2015年 3月7日 死去誤嚥性肺炎享年78歳

阿奈井 文彦(あない ふみひこ、1938年10月19日 - 2015年3月7日)は、ノンフィクション作家、エッセイスト。
本名・穴井典彦(あない ふみひこ)。
自称「アホウドリ」。
朝鮮(現・韓国)全羅南道筏橋生まれ。
1945年、敗戦後、大分県に引き揚げる。
大分県立森高等学校卒業、同志社大学文学部(哲学専攻)入学。
教壇に立っていた鶴見俊輔と出会い、「朝鮮半島で生まれ育ち、戦後、大分県に引き揚げてきた自分の体験」を文章にまとめたところ、鶴見の紹介で雑誌「思想の科学」に掲載される。
大学中退後、東京でクズ屋に就職。
1965年、ベトナムに平和を!市民連合(ベ平連)発足と同時に参加。
開高健の知遇を受け、ベ平連の事務局員となる。
1966年から1967年にかけて戦時下のベトナム各地を取材。
ベトナムに残留していた、元日本兵たちと出会う。
帰国後、ベ平連の中の米兵脱走を支援する組織「反戦米兵援助日本技術委員会」(JATEC)に参加。
その後、文筆業に入る。
代表作は、さまざまな職業の人たちへの聞き書きをまとめた「アホウドリの仕事大全」。

あない-ふみひこ 1938-2015昭和後期-平成時代のルポライター。昭和13年10月19日朝鮮全羅南道生まれ。ベ平連運動にくわわり,昭和42年戦時下のベトナムで農民たちと生活した。帰国後「アホウドリの仕事大全」「アホウドリの韓国ノート」など,ルポルタージュ「アホウドリ」シリーズを刊行。平成27年3月7日死去。76歳。同志社大中退。本名は穴井典彦。著作はほかに「ベ平連と脱走米兵」「名画座時代消えた映画館を探して」など。 (引用元 コトバンク)

「阿奈井文彦」と関連する人物(故人)