芸能人・経営者のおくやみ情報

藤島武二

画家[日本]

1943年 3月19日 死去脳溢血享年77歳

藤島武二 - ウィキペディアより引用

藤島 武二(ふじしま たけじ、1867年10月15日(慶応3年9月18日) - 1943年(昭和18年)3月19日)は、明治末から昭和期にかけて活躍した洋画家である。
明治から昭和前半まで、日本の洋画壇において長らく指導的役割を果たしてきた重要な画家である。
ロマン主義的な作風の作品を多く残している。
薩摩国鹿児島城下池之上町(現在の鹿児島市池之上町)の薩摩藩士の家に生まれた。
はじめ四条派の画家や川端玉章に日本画を学ぶが、のち24歳の時洋画に転向(日本画の作品は殆ど現存しない)。
1896年(明治29年)、1歳年上の黒田清輝の推薦で東京美術学校(現・東京藝術大学)助教授に推され以後、没するまでの半世紀近くにわたり同校で後進の指導にあたった。
本郷駒込曙町(現・本駒込1丁目)で画塾も開いていた。
1905年(明治38年)、文部省から4年間の留学を命じられ渡欧、フランス、イタリアで学ぶ。
ただし、パリからローマに移った直後の事故で、フランス時代の作品の大半を失っている。
帰国後、教授に就任する。
黒田が主宰する白馬会にも参加。
白馬会展には1896年(明治29年)の第1回展から出品を続け、1911年(明治44年)の白馬会解散後も文展や帝展の重鎮として活躍した。

洋画家。鹿児島県生。初め日本画を学ぶが洋画に転向し、曽山幸彦・中丸精十郎・山本芳翠に師事。明治29年親交のあった黒田清輝の推薦で東美校助教授になり、又白馬会創立に参加する。明治38年渡欧、パリでコルモン、ローマでカロリュス=デュランの指導を受けた。帰国後、東美校教授。東洋的雅趣に満ちた人物画から、昭和には雄勁華麗な風景画に円熟の画境を拓いた。帝国美術院会員・帝室技芸員。文化勲章受章。昭和18年(1943)歿、75才。 (引用元 コトバンク)