訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

エヴァンジェリスタ・トリチェリ

物理学者[イタリア]

1647年 10月25日 死去享年40歳

エヴァンジェリスタ・トリチェリ - ウィキペディアより引用
エヴァンジェリスタ・トリチェリ(Evangelista Torricelli、グレゴリオ暦1608年10月15日 - グレゴリオ暦1647年10月25日)は、イタリアの物理学者。
ガリレオ・ガリレイの弟子。
ファエンツァに生まれ、ローマに出て最初は数学者ベネデット・カステリの秘書をした。
1641年からはガリレイの弟子となり、ガリレイの死まで研究をともにした。
その後はトスカーナ大公フェルディナンド2世に数学者・哲学者として招かれて、ピサ大学の数学の教授に任命された。
1647年、腸チフスのため39歳の若さで没した。
トリチェリの真空 約10メートルよりも深い井戸から水を直接吸い上げることができないことは古くから知られていたが、1643年、トリチェリはこれを説明するための実験を行った。
一方の端が閉じたガラス管に水銀を満たし、水銀を満たした皿にこれを立てると、水のときの約14分の1の約76 cmの高さにしかならず、それより上の部分は真空になることを発見した。

↑ PAGE TOP