芸能人・経営者のおくやみ情報

フリードリヒ・ヴィルヘルム4世

プロイセン国王[ドイツ]

1861年 1月2日 死去享年67歳

フリードリヒ・ヴィルヘルム4世 - ウィキペディアより引用
『フリードリヒ・ヴィルヘルム4世 (プロイセン王)』より : フリードリヒ・ヴィルヘルム4世(Friedrich Wilhelm IV., 1795年10月15日 - 1861年1月2日)は、プロイセン王(在位:1840年6月7日 - 1861年1月2日)。
3月前期以降の民主化運動に対して反動勢力の中心となり、欽定憲法を制定して上からの近代化を進めた。
ある程度国民に歩み寄る姿勢は持っていたものの、中世的な王権に憧れて時代錯誤な君主観を示したため、玉座のロマン主義者と呼ばれた。
また、容姿からひらめともあだ名された。
誕生と皇太子時代 フリードリヒ・ヴィルヘルム4世は1795年10月15日、フリードリヒ・ヴィルヘルム3世とその王妃メクレンブルク=シュトレーリッツ公女ルイーゼとの間に生まれた。
彼は両親の模範的家庭で市民的に育てられたが、10代の半ばからしばらくの間はナポレオンの侵攻によってケーニヒスベルクでの亡命生活を強いられた。
亡命時代は狂信的な神学者ヨーハン・フリードリヒ・デルブリュックから教育を受け、激昂しやすい反面、特に女性に対しては臆病なほど控えめな性格が形成されている。

「フリードリヒ・ヴィルヘルム4世」と関連する人物(故人)