芸能人・経営者のおくやみ情報

原保美 氏

俳優[日本]

1997年 11月19日 死去心不全享年83歳

原 保美(はら やすみ、男性、1915年1月28日 - 1997年11月19日)は、日本の俳優である。
特技は宮城弁。
東京俳優生活協同組合(俳協)に所属し、理事長・会長を務めた。
来歴・人物 1915年(大正4年)1月28日、東京府豊多摩郡内藤新宿町(現在の東京都新宿区新宿あるいは内藤町の地域)に生まれる。
父は画家の庄子勇、母は歌人の原阿佐緒、異父兄は映画監督の原千秋である。
甥に犬塚弘がいる。
画家の中川一政は舅(妻の父)にあたり、義弟に映画監督の中川晴之助、姪(晴之助の娘)に女優の中川安奈がいる。
出生直後に母・阿佐緒とともに、母の郷里である宮城県黒川郡宮床村(現在の同県同郡大和町大字宮床)に移転、父の顔も知らず、異父兄の千秋とともに母の実家で育つ。
帝国高等学院を中途退学し、オペラ歌手の下八川圭祐の下でオペラ歌手を目指すが、俳優に転進、松竹大船撮影所に入社する。
満23歳のとき、1938年(昭和13年)12月1日に公開された、松竹大船撮影所製作、松竹配給、島津保次郎監督による劇映画『日本人』に出演してデビューし、端整な顔立ちの二枚目俳優として活躍。