芸能人・経営者のおくやみ情報

鈴木明 氏

ノンフィクション作家[日本]

2003年 7月22日 死去虚血性心不全享年77歳

鈴木 明(すずき あきら、1925年10月28日 - 2003年7月22日)は、日本のノンフィクション作家・フリージャーナリスト。
本名は今井 明夫。
東京都出身。
立教大学文学部を卒業。
『週刊タイムズ』記者を経て東京放送(TBS)に勤務して編成の仕事をした他、同社が発行していた『調査情報』誌の編集長を務めた。
TBS在職中に執筆した『「南京大虐殺」のまぼろし』が1973年に第4回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。
文庫版と合わせて20万部が売れた。
のちにTBSを退社してフリーの作家となる。
2003年7月22日、虚血性心不全により東京都目黒区の病院で死去。
77歳没。
『「南京大虐殺」のまぼろし』 鈴木はこの著書の中で、日本軍の暴行に関する報告や記事などをまとめた『WHAT WAR MEANS』(戦争とは何か)を編集したハロルド・J・ティンパーリが中国国民党顧問の秘密宣伝員であったと結論付けた。

すずき-あきら 1925-2003昭和後期-平成時代のノンフィクション作家。大正14年10月28日生まれ。「週刊タイムズ」記者,東京放送(TBS)勤務などをへてフリーとなる。昭和48年「「南京大虐殺」のまぼろし」で大宅壮一ノンフィクション賞をうけ,本多勝一(かついち)の侵略戦争論と対立した。著作はほかに「リリー・マルレーンを聴いたことがありますか」など。平成15年7月22日死去。77歳。東京出身。立大卒。本名は今井明夫。 (引用元 コトバンク)

「鈴木明」と関連する人物(故人)