芸能人・経営者のおくやみ情報

北里柴三郎

医学者細菌学者、男爵[日本]

1931年 6月13日 死去脳溢血享年79歳

北里柴三郎 - ウィキペディアより引用

北里 柴三郎(きたさと しばさぶろう、1853年1月29日(嘉永5年12月20日) - 1931年(昭和6年)6月13日)は、日本の医学者・細菌学者である。
従二位・勲一等旭日大綬章・男爵・医学博士。
私立伝染病研究所(現在の東京大学医科学研究所)創立者兼初代所長、土筆ヶ岡養生園(現在の北里大学北里研究所病院)創立者兼運営者、第1回ノーベル生理学・医学賞最終候補者(15名の内の1人)、私立北里研究所(現在の学校法人北里研究所)創立者兼初代所長並びに北里大学学祖、慶応義塾大学医学科(現在の慶應義塾大学医学部)創立者兼初代医学科長、慶應義塾大学病院初代病院長、日本医師会創立者兼初代会長。
「日本の細菌学の父」として知られ、ペスト菌や破傷風の治療法を発見し、医学の発展に貢献。
門下生からはドンネル先生との愛称で畏れられ、かつ親しまれていた。
妹のいくは神官の蔵原惟暁の妻となり、その息子に詩人の蔵原伸二郎。
別の妹しうは、惟暁の弟で政治家の蔵原惟郭の妻で、その息子に評論家の蔵原惟人。
明治製菓株式会社最高顧問の北里一郎は孫にあたる。
出生から 肥後国阿蘇郡小国郷北里村(現・熊本県阿蘇郡小国町)に生まれる。

きたざとしばさぶろう [生]嘉永5(1852).12.20.肥後,北里[没]1931.6.13.東京細菌学者。日本細菌学の父といわれる。東京医学校(現東京大学医学部)卒業後,1885年から91年までドイツに留学,R.コッホのもとで細菌学を学んだ。89年破傷風菌の純粋培養に成功し,毒素を抽出。90年12月3日,これをウサギに注射して血清に抗毒素をつくらせ,この血清をヒトに注射することによって破傷風を予防,治療するという破傷風の血清療法を発表して,世界の学界を驚嘆させた。帰国後92年に設立された伝染病研究所の所長に就任。94年ホンコンに出張してペスト菌の発見を報告した。このとき,フランス人A.イェルサンも同地で別個にペスト菌を発見した。1908年,日本人として初めてイギリスのロイヤル・ソサエティの外人会員に選ばれる。14年政府は伝染病研究所を内務省所管から文部省へ移し,東京帝国大学付属を決定したので,これに反対して所長をやめ,北里研究所を創立した。17年,慶應義塾大学に医学部を創設するにあたってその医学科長となった。また13年,日本結核予防協会を創設,その副会頭として結核撲滅に努めるなど,日本の公衆衛生に力を尽した。 (引用元 コトバンク)