芸能人・経営者のおくやみ情報

ニールス・ボーア 氏

理論物理学者[デンマーク]

1962年 11月18日 死去享年78歳

ニールス・ボーア - ウィキペディアより引用

ニールス・ヘンリク・ダヴィド・ボーア(デンマーク語: Niels Henrik David Bohr、1885年10月7日 - 1962年11月18日)は、デンマークの理論物理学者。
量子論の育ての親として、前期量子論の展開を指導、量子力学の確立に大いに貢献した。
アマチュアサッカー選手出身、Akademisk Boldklub(ABコペンハーゲン)ゴールキーパー。
王立協会外国人会員。
生涯 ヨーロッパ時代 コペンハーゲンに生まれ、1903年にコペンハーゲン大学に入学。
1911年にイギリスへ留学、キャヴェンディッシュ研究所のジョゼフ・ジョン・トムソンの下での研究後、1911年にマンチェスター大学のアーネスト・ラザフォードの元で原子模型の研究に着手した。
コペンハーゲン大学に戻り、マックス・プランクの量子仮説をラザフォードの原子模型に適用して、1913年にボーアの原子模型を確立した。
1921年にコペンハーゲンに理論物理学研究所(ニールス・ボーア研究所)を開き、外国から多くの物理学者を招いてコペンハーゲン学派を成することになる。

Niels Henrik David Bohr (1885年〜1962年) デンマークの物理学者。量子力学の生みの親というか育ての親*1。もともとは核物理学の人。トムソン*2やラザフォードの弟子。 ラザフォードの原子核モデルをさらに発展させ、プランクの量子仮説を取り込んだ形で完成させる。これにより1922年のノーベル物理学賞を受賞。 また、1920年にコペンハーゲン大学の理論物理学研究所の所長となり、ここは世界中から有望な若手科学者が集結、量子力学における一大拠点となった。 第二次世界大戦中はデンマークを脱出し、マンハッタン計画にも参加している。 戦後はデンマークに帰国し、原子力の平和利用運動などにも尽力した。 *1:ついでに言うと、1975年のノーベル物理学賞受賞者のオージェ・ボーアの父親でもある *2:ケルヴィン卿じゃなくてJJの方 (引用元 Hatena Keyword)