訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

大佛次郎 氏

作家[日本]

1973年 4月30日 死去肝臓がん享年77歳

大佛次郎 - ウィキペディアより引用
大佛 次郞(おさらぎ じろう、新字体:大仏 次郎、1897年(明治30年)10月9日 - 1973年(昭和48年)4月30日)は、日本の作家・小説家。
本名:野尻 清彦(のじり きよひこ)。
『鞍馬天狗』シリーズの作者として有名で、現代小説、歴史小説、ノンフィクション、さらには新歌舞伎や童話などまでを幅広く手がけた。
神奈川県横浜市英町に生まれた。
横浜市立太田小学校に入学後、数か月で津久戸小学校に転校、その後白金小に転校。
東京府立一中、一高を経て、東京帝国大学法学部政治学科を卒業。
その後、鎌倉高等女学校(現・鎌倉女学院高等学校)教師となった。
ついで外務省条約局嘱託となり、この時代にさまざまなペンネームを駆使して小説、翻訳、翻案を書き、関東大震災後に退職して小説家の道に進んだ。
娯楽雑誌『ポケット』に事実上のデビュー作となる小説『隼の源次』を発表するときに初めて「大佛次郎」のペンネームを使い、以後これが終生彼のペンネームとなった。