訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

上田吉二郎 氏(うえだきちじろう)

俳優[日本]

1972年 11月3日 死去喉頭がん享年69歳

上田吉二郎 - ウィキペディアより引用
上田 吉二郎(うえだ きちじろう、1904年3月30日 - 1972年11月3日)は、日本の俳優。
本名は上田 定雄(うえだ さだお)。
アクの強い個性的な演技で知られた名脇役で、300本以上の映画に出演した。
愛称は上吉(うえきち)。
悪役・敵役を得意とし、弱者を痛めつけ自分より強いものには平身低頭するような悪役を演じることが多かった。
その独特なダミ声で知られ、よく声帯模写で取り上げられた。
主な出演作品に『羅生門』『生きものの記録』など。
1904年(明治37年)3月30日、兵庫県神戸市三宮に生まれる。
旧制第一神戸中学校(現兵庫県立神戸高等学校)在学中の1918年(大正7年)、神戸中央劇場で観た新国劇の舞台『新朝顔日記』での澤田正二郎の演技に感動し、彼に弟子入りを頼んで新国劇に入団する。
1921年(大正10年)、『カレーの市民』の給仕役で初舞台を踏み、端役から次第に澤田に次ぐ役を演じる。
後に新国劇の二枚看板となる島田正吾・辰巳柳太郎よりもはるかに先輩にあたる。
1925年(大正14年)、新国劇がマキノと提携して東亜キネマ等持院撮影所で製作した『国定忠次』『恩讐の彼方に』『月形半平太』の3作に沢田一党と共に出演する。