芸能人・経営者のおくやみ情報

稲葉義男 氏

俳優[日本]

1998年 4月20日 死去心筋梗塞享年79歳

稲葉義男 - ウィキペディアより引用

稲葉 義男(いなば よしお、本名:稲葉 義久、1920年7月15日 - 1998年4月20日)は、千葉県成田市出身の日本の俳優。
日本大学専門部芸術科(現・芸術学部)卒。
芸術小劇場在籍中に応召。
1950年俳優座に入り、『三文オペラ』『桜の園』などの舞台に立った。
映画では『七人の侍』で五郎兵衛役を演じた他、多くの作品に出演し名脇役として活躍した。
また、『ダイヤル110番』や『ザ・ガードマン』での刑事役などテレビドラマにも多く出演した。
時代劇では善人役での出演が多いが、悪役として出演することもあった。
1998年4月20日、心筋梗塞のため東京都杉並区の病院で死去。
77歳没。
出演作品 映画 太字はキネマ旬報ベストテンにランクインした作品 悲劇の将軍 山下泰文(1953年、東映) 七人の侍(1954年、東宝) - 五郎兵衛 愛と死の谷間(1954年、日活) ほらふき丹次(1954年、新東宝) 警察日記(1955年、日活) - 通産大臣 続宮本武蔵 一乗寺の決闘(1955年、東宝) - 植田良平 囚人船(1956年、東宝) 三つ首塔(1956年、東映) 蜘蛛巣城(1957年、東宝) - 武将 純愛物語(1957年、東映) - 医師 怒りの孤島(1958年、松竹) 無法松の一生(1958年、東宝) - 巡査 野火(1959年、大映) - 班長 荷車の歌(1959年、全国農村映画協会) - 藤太郎 第五福竜丸(1959年、大映) - 見島民夫漁労長 六人姉妹(1959年、東映) 多羅尾伴内 七つの顔の男だぜ(1960年、東映) 沓掛時次郎(1961年、大映) 太陽は狂ってる(1961年、日活) 松川事件(1961年、松川事件劇映画製作委員会) - 原刑事 男と男の生きる街(1962年、日活) 切腹(1962年、松竹) - 千々岩陣内 白と黒(1963年、東宝) - 法医学教授 暴力団(1963年、東映) 眠狂四郎 女妖剣(1964年、大映) - 徳右衛門 大殺陣(1964年、東映) 太平洋奇跡の作戦 キスカ( ……