訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

三好栄子 氏

女優[日本]

1963年 7月28日 死去老衰享年70歳

三好 栄子(みよし えいこ、1894年4月8日 - 1963年7月28日)は、日本の女優である。
東京都出身。
夫は映画プロデューサーの森田信義。
黒澤明映画をはじめ多くの東宝映画に出演した。
出生名は宮田 ハル(みやた はる)、結婚後の本名は森田 ハル(もりた はる)。
略歴・人物 東京市神田区神保町出身。
1912年、跡見高等女学校を卒業後、島村抱月が結成し、松井須磨子らが所属する芸術座の演劇学校に入校する。
1915年、三好栄子の芸名を名乗り、浪花座での大阪公演『清盛と仏御前』で初舞台を踏む。
トルストイ作の『復活』や『アンナ・カレニナ』などの舞台に立ち、着実にキャリアを積むが、松井須磨子と衝突して芸術座を脱退し、同じく芸術座を脱退していた沢田正二郎に誘われて、1917年、新国劇結成に参加する。
しかし、沢田夫人である渡瀬淳子と衝突して新国劇を脱退、芸術座に復帰を許されるが、島村抱月や松井須磨子の相次いで亡くなったことで芸術座は解散。
1919年、辻野良一、五月信子らと大衆劇の劇団である新声劇の結成に参加し、中心女優として活躍する。