芸能人・経営者のおくやみ情報

浦辺粂子 氏

女優タレント[日本]

1989年 10月26日 死去火傷享年88歳

浦辺 粂子(うらべ くめこ、1902年10月5日 - 1989年10月26日)は日本の女優。
本名は木村 くめ。
浅草オペラや旅回りの一座を経て日活京都撮影所に入り、『清作の妻』『塵境』『お澄と母』などに主演し性格女優として人気を博した。
その後は日本を代表する老け役として活躍し、60年以上の女優生活の中で300本以上の映画に出演した。
晩年はおばあちゃんアイドルとして、テレビのバラエティ番組にも多く出演した。
上記以外の主な出演作に『稲妻』『雁』『赤線地帯』『私は二歳』など。
来歴・人物 生い立ち 1902年(明治35年)10月5日、静岡県賀茂郡下田町(現在の下田市)に生まれる。
父・啓忠は臨済宗建長寺派・長松山泰平寺の住職で、母・はなはその後添い。
3歳上の異父姉がいたが、幼児に病没したので1人娘として育つ。
1909年(明治42年)、父が河津町見高の洞雲山隠了寺へ移ったため、見高入谷尋常小学校に入学する。
母の姉が東京の明治座で吉野屋という売店を経営しており、いつも演芸雑誌や芝居の絵番付を送って貰っていたことから芝居好きとなる。