芸能人・経営者のおくやみ情報

浦辺粂子 氏

女優タレント[日本]

1989年 10月26日 死去火傷享年88歳

浦辺 粂子(うらべ くめこ、1902年10月5日 - 1989年10月26日)は日本の女優。
本名は木村 くめ。
浅草オペラや旅回りの一座を経て日活京都撮影所に入り、『清作の妻』『塵境』『お澄と母』などに主演し性格女優として人気を博した。
その後は日本を代表する老け役として活躍し、60年以上の女優生活の中で300本以上の映画に出演した。
晩年はおばあちゃんアイドルとして、テレビのバラエティ番組にも多く出演した。
上記以外の主な出演作に『稲妻』『雁』『赤線地帯』『私は二歳』など。
来歴・人物 生い立ち 1902年(明治35年)10月5日、静岡県賀茂郡下田町(現在の下田市)に生まれる。
父・啓忠は臨済宗建長寺派・長松山泰平寺の住職で、母・はなはその後添い。
3歳上の異父姉がいたが、幼児に病没したので1人娘として育つ。
1909年(明治42年)、父が河津町見高の洞雲山隠了寺へ移ったため、見高入谷尋常小学校に入学する。
母の姉が東京の明治座で吉野屋という売店を経営しており、いつも演芸雑誌や芝居の絵番付を送って貰っていたことから芝居好きとなる。

映画女優・女優 本名:木村くめ 旧芸名:遠山みどり?、静浦みどり? 誕生日:1902年(明治35年)10月5日 出身地:静岡県 根岸歌劇団、浪花少女歌劇團?などを経て映画女優に。 1920年代半ばから80年代にかけて、日活、新興?、大映、東宝などの映画で活躍。当初から母親役が多く、中盤からお婆さん役も増えた。溝口健二、成瀬巳喜男、黒澤明、豊田四郎、市川崑、山田洋次などの作品にも出演。 1980年代にはテレビのバラエティ番組に良く出演しぎこちない手際で手品なども披露していた。また片岡鶴太郎の「私はねぇ〜」で始まる浦辺のモノマネでもお馴染みだった。 晩年には「わたし歌手になりましたよ?」(浦辺粂子、森の木児童合唱団?)で歌手デビュー。当時は最高齢の新人歌手として話題になった。 1984年、ゆうもあ大賞?(主催:ゆうもあ・くらぶ?)受賞。 自宅で火事を起して大ヤケドを負い、1989年(平成元年)10月26日死去。87歳。 (引用元 Hatena Keyword)