芸能人・経営者のおくやみ情報

リチャード3世

イングランド国王[イギリス]

(ユリウス暦) 1485年 8月22日 死去戦死享年33歳

リチャード3世 - ウィキペディアより引用

『リチャード3世 (イングランド王)』より : リチャード3世(英語: Richard III, 1452年10月2日 - 1485年8月22日)は、ヨーク朝最後のイングランド王(在位:1483年 - 1485年)。
薔薇戦争の最後を飾る王である。
エドワード3世の曾孫ヨーク公リチャード・プランタジネットとセシリー・ネヴィルの八男で、即位前はグロスター公に叙されていた。
戦死した最後のイングランド王であるが、他に戦死した王は1066年にヘイスティングズの戦いで敗死したハロルド2世と、1199年に矢傷がもとで死亡したリチャード1世がいるのみである。
1484年1月に王直属の機関として紋章院を創設したことでも知られる。
旗印は白い猪、銘は”Loyaulte Me Lie (ロワイヨテ・ム・リ)”で意味は、古いラテン語で「忠誠がわれを縛る」。
生涯 幼くして父を失ったリチャードは、兄エドワードや母方の従兄にあたる実力者ウォリック伯リチャード・ネヴィルの庇護をうけて成長した。
ウォリック伯の元で少年期を過ごし、騎士としての修業を積み、1461年に兄がエドワード4世を称してイングランド王に即位するとグロスター公に叙位された。

リチャードさんせいRichardIII [生]1452.10.2.フォザリンゲイ城[没]1485.8.22.ボズワース近郊イギリス,ヨーク朝最後のイングランド王(在位1483~85)。3代ヨーク公リチャードの第4子で,グロスター公。1470年三兄クラレンス公とウォリック伯の反乱に際して,長兄エドワード4世に忠誠を尽くし,そのオランダ亡命に従い,翌1471年帰国後バーネットの戦いやテュークスベリーの戦いで活躍した。1483年エドワード4世が死に,幼王エドワード5世の摂政に指名されると,先王の外戚ウッドビル一族や幼王の側近を排除,先王と王妃エリザベス・ウッドビルの結婚および王子の出生の非合法性を主張し,みずから即位を宣言した。同1483年7月6日戴冠,8月エドワード5世とその弟のリチャードをロンドン塔で殺害した。10月バッキンガム公の反乱が起こったが,鎮圧。しかし1485年フランスに亡命中のランカスター系のヘンリー・チューダー(のちのヘンリー7世)がウェールズに上陸,ランカスター家,バッキンガム公,ウッドビル一族およびフランスの支持を得て進撃,リチャードはボズワースの戦いで戦死した。 リチャード3世リチャードさんせいRichardIII イギリスの劇作家シェークスピアの悲劇。5幕。1592~93年頃執筆。初版は97年の四つ折本(クォート)。ホリンシェッドの『年代記』(第2版,1587)その他に材を取り,内容的には『ヘンリー6世』第3部のあとに続く。風貌怪異なグロスター公リチャードは王位への野望に憑かれ,戦乱のなかにのみ自己の存在理由を見出し,陰謀と暴虐の限りを尽す。古い形式のなかに近代的な人間解釈を盛込んだ傑作歴史劇。 (引用元 コトバンク)