芸能人・経営者のおくやみ情報

リチャード3世

イングランド国王[イギリス]

(ユリウス暦) 1485年 8月22日 死去戦死享年33歳

リチャード3世 - ウィキペディアより引用

『リチャード3世 (イングランド王)』より : リチャード3世(英語: Richard III, 1452年10月2日 - 1485年8月22日)は、ヨーク朝最後のイングランド王(在位:1483年 - 1485年)。
薔薇戦争の最後を飾る王である。
エドワード3世の曾孫ヨーク公リチャード・プランタジネットとセシリー・ネヴィルの八男で、即位前はグロスター公に叙されていた。
戦死した最後のイングランド王であるが、他に戦死した王は1066年にヘイスティングズの戦いで敗死したハロルド2世と、1199年に矢傷がもとで死亡したリチャード1世がいるのみである。
1484年1月に王直属の機関として紋章院を創設したことでも知られる。
旗印は白い猪、銘は”Loyaulte Me Lie (ロワイヨテ・ム・リ)”で意味は、古いラテン語で「忠誠がわれを縛る」。
生涯 幼くして父を失ったリチャードは、兄エドワードや母方の従兄にあたる実力者ウォリック伯リチャード・ネヴィルの庇護をうけて成長した。
ウォリック伯の元で少年期を過ごし、騎士としての修業を積み、1461年に兄がエドワード4世を称してイングランド王に即位するとグロスター公に叙位された。

1483年に即位した、ヨーク朝イングランド王。1452年10月2日生まれ、1485年8月22日、没。 (引用元 Hatena Keyword)