訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

安井曾太郎 氏

画家[日本]

1955年 12月14日 死去肺炎享年68歳

安井曾太郎 - ウィキペディアより引用
安井 曾太郎(やすい そうたろう、1888年5月17日 - 1955年12月14日)は、大正~昭和期の洋画家。
生涯 1888年(明治21年)、京都中京区で木綿問屋を営む商家の五男として生まれる。
当時の商人の息子の常として1898年(明治31年)4月商業学校(京都市立商業学校)に入学するが、反対する親を説得し、1903年(明治36年)3月同校を中退して絵の道に進む。
翌年、聖護院洋画研究所(のち関西美術院に発展)に入所し、浅井忠、鹿子木孟郎らに師事して絵を学び始める。
同時期、梅原龍三郎もここで学んでいた。
1907年(明治40年)4月、先輩画家の津田青楓が渡欧すると聞いた安井は、津田とともに渡欧することを決意した。
安井は、渡欧に際し、それ以前の作を焼き捨てたとのことで、安井の初期作品はほとんど現存していない。
フランスではアカデミー・ジュリアンに学んだ。
また、7年ほどのフランス滞在の間にイギリス、イタリア、スペインなどへも旅行している。
1914年(大正3年)、第一次世界大戦が勃発しドイツがフランスに宣戦布告したことに加え、安井自身の健康も悪化していたため、日本へ帰国した。