訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

山村聰 氏

俳優映画監督[日本]

2000年 5月26日 死去急性心筋梗塞享年91歳

山村聰 - ウィキペディアより引用
山村 聰(やまむら そう、1910年(明治43年)2月24日 - 2000年(平成12年)5月26日)は、日本の俳優・映画監督。
映画やテレビドラマやDVDのクレジットによっては山村聡の表記もある。
奈良県天理市出身。
神戸一中・一高を経て東京帝国大学文学部卒業。
研究劇団「太陽座」に入団。
戦前の劇団文化座等での舞台活動を経て、1946年、『命ある限り』で映画初出演。
1947年、溝口健二監督作品の『女優須磨子の恋』で田中絹代演じる松井須磨子の愛人役・島村抱月役に抜擢され、1950年には小津安二郎監督作品の『宗方姉妹』で第1回ブルーリボン賞の主演男優賞を受賞。
同じく小津の監督作品である『東京物語』など数多くの映画に出演する一方、1952年には東宝砧撮影所の芸能部長であった山田典吾と共に独立プロ「現代ぷろだくしょん」を設立し、翌年には山村自身も多額の出資をして完成させた第1回監督作品『蟹工船』を発表、映画監督としても活躍した。