芸能人・経営者のおくやみ情報

乙羽信子 氏

女優[日本]

1994年 12月22日 死去肝硬変享年71歳

乙羽信子 - ウィキペディアより引用

乙羽 信子(おとわ のぶこ、本名・新藤信子(旧姓・加治)、1924年(大正13年)10月1日 - 1994年(平成6年)12月22日)は、日本の女優。
愛称は「オカジ」。
鳥取県西伯郡米子町(現・米子市)西倉吉町に生まれる。
父の家に引き取られ、大阪で育つ。
間もなく、饅頭屋の養女となり、神戸市に移る。
小学校のときから日本舞踊を習い、また、養父の姉に連れられて宝塚歌劇を見に行くうち、憧れるようになる。
1937年(昭和12年)、宝塚音楽歌劇学校(現・宝塚音楽学校)に入学。
宝塚歌劇団27期生。
同期生に越路吹雪、月丘夢路、東郷晴子、大路三千緒、浦島千歌子、瑠璃豊美らがいる。
この芸名は養母が信仰する新興宗教の教師が命名した。
宝塚入団時の成績は93人中49位。
1939年(昭和14年)の公演『宝塚花物語』で同期生達と共に初舞台を踏む。
なお、この時代は同期でも初舞台演目はそれぞれ異なった。
戦後、再開された公演でトップ娘役(主に雪組公演出演)を務める。
淡島千景と人気を二分し、戦後の宝塚歌劇団第一期黄金時代を支えた。
1950年(昭和25年)、娘役に限界を感じ始め、松竹入りした淡島に倣うように『雨月物語/キュウバ/人魚姫』を最後に宝塚歌劇団を退団。

おとわのぶこ [生]1924.10.1.鳥取[没]1994.12.22.東京映画女優。本名新藤信子。宝塚歌劇より1950年大映に入社,『処女峰』でデビュー。百万ドルのえくぼで人気女優となったが,その後メロドラマのヒロイン役から演技派に転向,数々の問題作に出演している。おもな作品『原爆の子』(1952),『裸の島』(60),『わが道』(74),『竹山ひとり旅』(77)など。79年,『絞殺』でベネチア国際映画祭最優秀女優賞を獲得した。 (引用元 コトバンク)