芸能人・経営者のおくやみ情報

並木路子 氏

歌手[日本]

2001年 4月7日 死去心筋梗塞享年81歳

並木 路子(なみき みちこ、1921年(大正10年)9月30日 - 2001年(平成13年)4月7日)は、日本の歌手。
本名は南郷 庸子(なんごう つねこ(旧姓:小林))。
東京浅草出身、台湾育ち。
松竹歌劇団の娘役スターとして、戦前から戦中戦後と活躍。
戦後の混乱期に主演した松竹映画「そよかぜ」の挿入歌として歌った「リンゴの唄」が爆発的なヒットとなり、日本の代表的歌手と評されている。
「リンゴの唄」は、歌謡史のみならず日本の歴史に残る歌となった。
芸名の並木路子は、ミス・コロムビアの「並木の雨」と、歌詞に出てくる、並木の路に~の「路」に子を付けたもの。
1936年(昭和11年) 松竹少女歌劇学校に4期生として入学。
同期に曙ゆり、小月冴子、加藤治子、月城彰子(後の岩井半四郎夫人)、若園照美(矢口陽子、後の黒澤明監督夫人)らがいた。
1937年(昭和12年) 浅草国際劇場落成杮落し公演『第8回東京踊り』オペレッタ『グリーンアルバム』で初舞台を踏む。
1945年(昭和20年) 松竹映画「そよかぜ」で映画初主演。
挿入歌として映画の中で歌った「リンゴの唄」が爆発的ヒット。