芸能人・経営者のおくやみ情報

広岡浅子

実業家、教育者[日本]

1919年 1月14日 死去享年71歳

広岡浅子 - ウィキペディアより引用
広岡 浅子(ひろおか あさこ、旧字:廣岡淺子。
1849年10月18日(嘉永2年9月3日) - 1919年(大正8年)1月14日)は、日本の実業家、教育者、社会運動家。
ペンネームは九転十起生(きゅうてんじっきせい)。
明治を代表する女性実業家であり、豪気・英明な天性から「一代の女傑」と称えられた。
生い立ち 山城国京都(現・京都府京都市)・油小路通出水の小石川三井家六代当主・三井高益の四女として生まれる。
幼名は照。
幼い頃より裁縫や茶の湯、生け花、琴の稽古などよりも、四書五経の素読など学問に強い興味を持つが、「女に教育は不要」という当時の商家の慣習は固く、家人から読書を禁じられる。
9歳で父親が没し、35歳の高喜が家長となる。
17歳(数え年、以下同様)で鴻池善右衛門と並ぶ大坂の豪商であった加島屋の第8代広岡久右衛門正饒(まさあつ)の次男・広岡信五郎と結婚。
嫁いだ後も、主人は手代に任せて業務に関与しない商家の風習に疑問と限界を感じ、簿記や算術などを独学するようになる。

「広岡浅子」と関連する人物(故人)