芸能人・経営者のおくやみ情報

前田陽一 氏

映画監督[日本]

1998年 5月3日 死去肝不全享年64歳

前田 陽一(まえだ よういち、1911年(明治44年)11月3日 - 1987年(昭和62年)11月22日)はフランス文学者、比較文学・哲学研究者。
群馬県出身。
父はGHQによる占領期に、文部大臣を務めた教育家の前田多門。
妹は精神科医・翻訳家で、ハンセン病救済活動で著名な神谷美恵子。
来歴・人物 成城高校(旧制)、1934年東京帝国大学仏文科卒。
同年フランス政府招聘留学生として留学。
パリ大学在学中は、外務省の河相達夫の推薦により外交官補となり、ドイツ占領下のパリ大使館で副領事を務めるが、ノルマンディー上陸作戦後、ドイツへ逃れ、1945年、米軍に拘束され、アメリカで終戦を迎える。
この逃避行は、ヴァイオリニストの諏訪根自子、ドイツ外交官補の大賀小四郎が一緒だった。
帰国後前田は、外交官試験を通っていなくても外交官として遇するという河相の言葉が文書化されていないことを知り、研究専攻に戻り、一高教授を経て1949年東大教養学部助教授、1951年 - 1972年教授、教養学科長等を歴任した。

フランス文学者。神谷美恵子は妹。1911年(明治44年)群馬県生まれ。 東京大学仏文学科卒。パリ大学に留学。第一高等学校教授、東京大学助教授を経て同大学教授となる。東京大学名誉教授。 1987年(昭和62年)逝去。 (引用元 Hatena Keyword)

「前田陽一」と関連する人物(故人)