芸能人・経営者のおくやみ情報

モーリス・ロネ 氏

俳優[フランス]

1983年 3月14日 死去がん享年57歳

モーリス・ロネ - ウィキペディアより引用

モーリス・ロネ(Maurice Ronet, 1927年4月13日 - 1983年3月14日)はフランス・ニース出身の俳優。
両親共に舞台俳優であった。
14歳で初舞台を踏み、パリのフランス国立高等演劇学校 (コンセルヴァトワール)を卒業後、ジャック・ベッケル監督に認められて映画デビュー。
1950~1960年代のフランス・イタリア映画を支えた。
生涯で100本以上の作品に出演し、1983年、癌で死去。
1950年に結婚したが1956年に離婚、その後は1977年よりジョセフィン・チャップリン(チャールズ・チャップリンの娘)と暮らし、二人の間には息子が一人いた。
主な出演作品 参照 外部リンク Maurice Ronet - インターネット・ムービー・データベース(英語)。

 フランスの映画俳優。  1927年4月13日、フランス、ニース生まれ。本名モーリス・ロビネ。両親も俳優だった。1983年3月14日没。  ジャック・ベッケルの青春映画『七月のランデヴー』Rendez-vous de juillet(1949)で映画デビュー。  ルイ・マルの犯罪サスペンス『死刑台のエレベーター』(1958)で国際的スターとなる。  映画の代表作は、『死刑台のエレベーター』(1958)、『鬼火』(1963)、『殺意』(1967)。 主な映画出演作: 『七月のランデヴー』Rendez-vous de juillet(1949) 『宿命』(1957) 『死刑台のエレベーター』(1958) 『太陽がいっぱい』(1960) 『鬼火』(1963) 『輪舞』(1964) 『マンハッタンの哀愁』(1965) 『殺意』(1967) 『不貞の女』(1969) 『太陽が知っている』(1969) 『チェイサー』(1977) 『愛しきは女/ラ・バランス』(1982) (引用元 Hatena Keyword)

「モーリス・ロネ」と関連する人物(故人)