訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ルイ・マル 氏

映画監督[フランス]

1995年 11月23日 死去がん享年64歳

ルイ・マル(Louis Malle, 1932年10月30日 - 1995年11月23日)は、フランスの映画監督。
1932年10月30日、フランス・ノール県トゥムリーで富豪の家に生まれる。
第二次世界大戦中は疎開。
ソルボンヌ大学で政治科学を専攻するが中退し、パリのフランス国立高等映画学院に入学。
1956年に海洋ドキュメンタリー映画『沈黙の世界』を海洋学者であるジャック=イヴ・クストーと共同で監督し、カンヌ国際映画祭パルム・ドールやアカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞。
1958年に自己資金で製作した『死刑台のエレベーター』で25歳で実質的な長編映画監督デビューを果たす。
同作はジャンヌ・モローの内省的な演技、アンリ・ドカエの手持ちカメラを主体とした撮影、マイルス・デイヴィスの即興演奏によるジャズと共にマルの斬新な演出が高く評価され、ルイ・デリュック賞を受賞。
ヌーヴェル・ヴァーグの初期の作品として有名になるが、マルは『カイエ・デュ・シネマ』誌とは一切関わりを持っておらず、ヌーヴェル・ヴァーグ運動には参加していない独立の作家であるという見方もある。