芸能人・経営者のおくやみ情報

直原玉青 氏

画家、禅[日本]

2005年 9月30日 死去心不全享年101歳

直原 玉青(じきはら ぎょくせい、1904年8月1日 - 2005年9月30日)は、日本の画家、禅僧、俳人。
岡山県赤磐郡(現:赤磐市)生まれ、兵庫県の淡路島で育つ。
本名は正。
大阪美術学校卒業。
帝国美術展に初入選後、日展に16回入選する。
南画の第一人者。
社団法人日本南画院会長・理事長、現代南画協会理事長、財団法人青少年文化研修道場理事、守口市美術協会会長、青玲社主宰、黄檗宗国清寺住職、俳誌「早春」選者などを務める。
洲本市名誉市民、守口市名誉市民、南あわじ市名誉市民。
2005年9月30日、心不全のため死去した。
101歳没。
遊魚(南画院入選) 雨逆風饕(帝国美術展入選) 南禅寺管長柴山全慶老師に師事 社団法人日本南画院創立に参加 勲四等旭日章を受ける。
現代南画協会設立、理事長となる。
日本南画院理事長に就任。
大阪府守口市名誉市民の称号を受ける。
勲三等瑞宝章を受ける。
兵庫県文化賞を受け、兵庫県公館に作品が展示保存される。
滝川記念美術館玉青館が開館(南あわじ市)。
現代南画美術館完成(守口市) 個人美術館 南あわじ市滝川記念美術館玉青館 直原玉青記念美術館 関連項目 洲本市立淡路文化史料館 美術家 芸術家 脚注 外部リンク 現代南画美術館 日本南画院。

じきはら-ぎょくせい 1904-2005昭和-平成時代の日本画家。明治37年8月1日生まれ。大阪美術学校で矢野橋村(きょうそん)にまなぶ。昭和5年帝展に初入選。のち日本南画院展,日展に出品。昭和33年青玲社を結成し,主宰。35年日本南画院再興に参加し,平成3年会長。兵庫県淡路島の国清禅寺住職。俳句を高浜虚子にまなび,句画禅一如を説いた。平成17年9月30日死去。101歳。岡山県出身。本名は正。作品に「禅の牧牛,うしかひ草」「迷」など。 (引用元 コトバンク)

「直原玉青」と関連する人物(故人)