訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

浦山桐郎 氏

映画監督[日本]

1985年 10月20日 死去急性心不全享年56歳

浦山 桐郎(うらやま きりお、1930年12月14日 - 1985年10月20日)は、昭和期の日本の映画監督である。
兵庫県相生市に生まれる。
出産時に母を亡くし、実母の妹が継母になった。
高校3年生のときに父が謎の自殺をしたので、母の郷里の名古屋に移る。

旧制姫路中学校(現 兵庫県立姫路西高等学校)を経て、旧制姫路高等学校から名古屋大学文学部仏文学科を卒業。
父は歌人としても有名で、播磨造船(現・IHI)に勤めるかたわら、相生市歌を作詞した。
松竹の助監督応募に募集し、筆記試験では高得点をとるが、身体検査でおとされる。
この時、大島渚は合格し、山田洋次はおちる。
その時の試験官だった鈴木清順に誘われ、日活の入社試験を山田と共に受け、不合格となり、山田は合格する。
しかし、山田が松竹に補欠合格したため、日活に補欠合格することができ、1954年に助監督として入社。
川島雄三、今村昌平らの監督につく。
1962年、早船ちよ原作、吉永小百合主演の『キューポラのある街』で監督デビューする。
鋳物の町に暮らす貧しい若者の生き方を描いたこの作品は、日本映画監督協会新人賞、キネマ旬報ベストテン第2位など高い評価を受けた。

↑ PAGE TOP