訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ピーター・フィンチ 氏

俳優[イギリス]

1977年 1月14日 死去急性心不全享年62歳

ピーター・フィンチ - ウィキペディアより引用
ピーター・フィンチ(Peter Finch, 1916年9月28日 - 1977年1月14日)は、イギリス出身の俳優。
ロンドンで生まれ、フランス、インド、オーストラリア(両親の出身地)で育った。
本名Frederick George Peter Ingle-Finch。
ラジオや舞台に出演した後、1938年に『Dad and Dave Come to Town』で映画デビューしたものの、ローレンス・オリヴィエの目にとまりしばらく舞台での活躍が続く。
この時期に、当時オリヴィエの妻であったヴィヴィアン・リーと不倫関係になったこともあった。
1940年代後半より再び映画出演に重きを置くようになり、1950年にハリウッド・デビュー。
1971年の映画『日曜日は別れの時』で、同性愛のユダヤ人の開業医を演じアカデミー主演男優賞にノミネートされた。
1976年の映画『ネットワーク』では、ニュース番組放送中に拳銃自殺を予告したのを皮切りに、徐々に狂気に蝕まれていくキャスターを演じ、アカデミー主演男優賞にノミネートされるが、その直後に急性心不全で急逝。

「ピーター・フィンチ」と関連する人物(故人)